横浜でおすすめ!矯正歯科クリニックガイド » 矯正治療を受けるべき症状 » 受け口

受け口

受け口を矯正した方がいい理由

噛み合わせが悪くなる

下顎が前に突き出している受け口は、見た目の問題だけでなく噛み合わせの面でも深刻な問題を引き起こします。

咀嚼がしにくくなるため、消化不良・栄養不足・胃腸への負担の原因ともなり、噛み合わせの悪さが肩こりや体の歪みへと発展する場合もあります。

重度の場合は入院手術の必要もあるので、悪化をする前に医師に診てもらうのがオススメ。

あごがしゃくれる

機能面ももちろんですが、やはり審美面でも気になる方が多いのが受け口。程度がひどくなると、しゃくれてしまい見た目の印象が悪くなります。

また下顎が前に出ているせいで、滑舌や発音が悪くなりやすい傾向も。特にサ行・タ行が発音しづらくなってしまい、舌ったらずな喋り方になってしまいます。

人前で話す機会が多い方は、治療をして改善させることも検討しましょう。

受け口になる理由

受け口になってしまう原因には、次のようなものが挙げられます。

前歯の生えている向き

前歯の生えている向き…上顎の前歯が内側に傾斜していることで、骨格上問題がない場合でも受け口になってしまいます。子どもの時に気づいて早めに改善処置をすることで、顎の成長を修正することができます。

生活習慣

長期にわたる指しゃぶりや、下の前歯を舌で押す癖などによって受け口になってしまうことがあります。また口呼吸の癖がある場合、舌が下顎に接しやすく受け口になりやすくなってしまいます。

遺伝

下の顎が長い・上の顎が小さいなどといった、骨の形の遺伝により受け口になってしまうことがあります。

受け口に対応する矯正方法

受け口を改善するための矯正法には、次のようなものがあります。

ブラケット矯正

歯が傾いて生えてきてしまっている場合に有効です。目立たせたくない場合には、歯の裏側に装置を取り付ける舌側矯正もあります。舌側矯正は前歯を内側に引っ込めたい場合に、特に効果があります。

横浜駅周辺の
表側矯正おすすめクリニックを見る

横浜駅周辺の
裏側矯正おすすめクリニックを見る

マウスピース矯正

歯の大きな凸凹を伴っておらず、歯列に重度の問題がない場合はマウスピースでの矯正ができる場合があります。

横浜駅周辺のマウスピース矯正
おすすめクリニックを見る

インプラント矯正

下顎の前歯が大きく前方に突き出している場合は、歯の傾斜をドラマチックに変える必要があります。その際には顎の骨にチタン製の小さなスクリューを埋め込み、それを支点として歯を引っ張ります。

外科手術

歯列矯正だけでは改善が困難な場合、顎の骨を切断して動かす手術が必要な場合があります。顎変形症と認定された場合は、保険適用で歯列矯正・外科手術・術後矯正が受けられます。

症状の重度によって、適切な矯正方法は変わる!

受け口の矯正治療は、原因や状態によって効果的な方法が違います。様々な矯正治療を得意としている歯科医院で、診断してもらうことをお勧めします。

口コミ評価最高点4.8・最高件数120件!
横浜で評判の矯正歯科3選
をチェック