横浜でおすすめ!矯正歯科クリニックガイド » 矯正治療を受けるべき症状 » ガミースマイル

ガミースマイル

ガミースマイルを矯正した方がいい理由

大きく笑えない

笑った時に上顎の歯茎部分がたくさん見えてしまう口元を、ガミースマイルと呼びますが、個性として捉えることもできます。

3mmほど歯茎が露出する場合、ガミースマイルと言われることが多いのですが、一番大切なのは本人がどの程度気にしているかという点。

歯茎が気になってしまい自然な笑顔が出ない、人と喋る時口元を隠しがちになってしまうなど、心理的な影響が出ている方は治療をしてみると良いかもしれません。

口腔内の乾燥しやすい

ガミースマイルは、歯茎が乾きやすくなる傾向があります。乾燥が原因で口臭が発生したり、菌が繁殖して虫歯や歯周病を引き起こしやすくなることも。

決して見た目だけの問題ではなく、口腔内の健康面でもデメリットがあるということを知っておきましょう。

ガミースマイルになる理由

ガミースマイルになってしまう原因には、次のようなものが挙げられます。

歯の生え方

歯の生える方向・前歯が出ている等の歯列の乱れ・歯の長さが短い・歯茎が歯に覆いかぶさっているなどといった、歯の生え方に問題があるとガミースマイルになってしまうことがあります。

上唇

上唇が縦に短い方や、笑った時に上唇を引き上げる力が強すぎる方は、歯茎が見えやすくなってしまいます。

顎の骨

通常より上顎が発達している出っ歯などの場合、ガミースマイルになりやすくなります。成長段階の食生活や、呼吸法など生活習慣が影響をしているケースもあります。

ガミースマイルに対応する矯正方法

ガミースマイルを改善する治療法には、次のようなものがあります。

インプラント矯正

インプラント矯正…矯正用のアンカースクリュー(チタン製の小さなネジ)を口腔内に設置して、そこを固定源として歯を上に引っ張り、矯正をしていきます。歯と連動して歯茎も上がることから、笑っても歯茎が見えなくなり、「機能面+見た目」の両方の改善が可能となります。

歯冠長延長

歯冠長延長…「歯が小さい/短い」や「歯茎が歯に覆いかぶさっている」ケースに有効な、本来見えるべき範囲の歯を見えるように歯肉の整形をする治療。歯列矯正やセラミック治療と組み合わせる場合もあります。

粘膜切除

粘膜切除…上唇の粘膜を切除して縫合することで、唇が上がらないよう調節して歯茎を見えにくくする方法です。唇の裏側の手術なので傷口が目立ちにくく、1回の治療で効果が長く続くメリットがあります。

症状の重度によって、適切な矯正方法は変わる!

ガミースマイルの原因は、「歯並び・唇・顎の骨」と大きく3つに分かれます。それぞれの問題に適した治療法があるので、様々な症例の対応をしてきた信頼できるクリニックで相談することをお勧めします。

口コミ評価最高点4.8・最高件数120件!
横浜で評判の矯正歯科3選
をチェック