横浜でおすすめ!矯正歯科クリニックガイド » 矯正治療を受けるべき症状 » 八重歯

八重歯

八重歯を矯正した方がいい理由

口腔内リスクが増える

大きな問題がないのでそのまま放置する方も多い「八重歯」ですが、実は様々なトラブルの原因ともなりかねません。

歯が重なって生えている箇所の歯磨きがしづらいため、プラークがたまりやすいリスクがあります。そのため歯周病・虫歯・口臭が起こりやすくなるので、正常な歯並びの方と比べより丁寧で時間をかけたブラッシングが必要となります。

海外では魅力的に見えない

「八重歯=目立つ犬歯」と思いチャームポイントとして捉えがちな日本人ですが、八重歯は犬歯だけでなく異常な位置に生えている重なった歯全般を指します。

欧米諸国で良い印象を持たれない八重歯は、国際化が進む近年、治療をする日本人も増えてきています。

また見た目だけでなく、噛み合わせの悪さや他の歯への負担といった機能的な問題もあるので、矯正の検討をしてみるのも良いでしょう。

八重歯になる理由

八重歯になってしまう理由には、次のようなものが挙げられます。

歯のサイズが大きい

正常に発達した顎のサイズであっても、歯が大きい場合は永久歯が全てきれいに並ぶスペースがない場合があります。遺伝的な要素で発生することもあります。

顎骨の発達不足

歯が生える必要スペースに対して顎が小さすぎると、永久歯が重なりやすくなります。乳歯の頃からよく噛んで食べる習慣をつけ、顎をしっかりと発達させる必要があります。

生え変わりのタイミング

「虫歯などの原因で乳歯が早く抜けた」「永久歯の犬歯がなかなか生えなかった」などの理由で、本来歯が生えるはずの場所に既存の歯が移動することにより、十分なスペースなくなってしまいます。その為後から生える歯が外側にずれ、八重歯となってしまいます。

八重歯に対応する矯正方法

八重歯を改善してきれいな歯列を手に入れるためには、次のような治療方法があります。

ブラケット矯正+抜歯

歯並びの凸凹が激しい場合は、抜歯せずに矯正をすると歯列全体が前に突き出てしまうことがあります。それを防ぐためには、八重歯の隣の歯を抜いてできたスペースに、矯正装置を使い八重歯を移動させます。

ブラケット矯正+非抜歯

抜かずに歯全体を移動させて歯列を整える方法と、八重歯の隣の歯を削って歯を移動させる方法があります。しっかりと歯の収まるスペースを確保しないと、美しい口元にならないので注意が必要です。

横浜駅周辺の
表側矯正おすすめクリニックを見る

横浜駅周辺の
裏側矯正おすすめクリニックを見る

マウスピース矯正

軽度の八重歯の場合は、透明なプラスチック製のマウスピースでの矯正も可能です。毎日決められた装着時間を守って、自己管理をしっかりとすることが大切です。

横浜駅周辺のマウスピース矯正
おすすめクリニックを見る

症状の重度によって、適切な矯正方法は変わる!

八重歯の矯正は、歯や顎の状態、年齢によっても様々な治療方法があります。信頼できる歯科医に相談することで、失敗のないきれいな歯列を目指しましょう!

口コミ評価最高点4.8・最高件数120件!
横浜で評判の矯正歯科3選
をチェック