横浜でおすすめ!矯正歯科クリニックガイド » 矯正治療を受けるべき症状 » 噛み合わせ

噛み合わせ

噛み合わせを矯正した方がいい理由

しっかりと噛めなくなる

噛み合わせが悪いことで、普段の食事でもあまり噛まずに飲み込む癖がつきやすくなります。そのことで消化不良を起こしたり、必要な栄養素を体に取り込めなくなることも。

また、噛まないということで口や頰の筋肉が緩み、口がぽかんと開きやすくなります。どちらか一方で噛む癖がある場合は、顔が左右非対称になってしまうことがあるので、小さい頃から注意が必要です。

顎関節症の原因になる

歯並びや噛み合わせが悪いと、食事の際に顎に負担がかかってしまい、顎関節症を引き起こす原因ともなります。

顎関節症になってしまうと、「顎の関節が痛くなる」「咀嚼をすると顎がだるくなる」「顎がカクカクと音がする」「口が開かなくなる」といった不具合が出てきます。

症状がひどい場合には外科処置をしなければいけないこともある、無視できないトラブルです。

噛み合わせが悪くなる理由

噛み合わせが悪くなってしまう理由には、次のようなものが挙げられます。

歯並びの悪さ

遺伝や生活習慣によって歯並びが悪くなってしまうと、噛み合わせにも不具合が生じてきます。食生活の改善や、頬杖・舌で歯を押すなどの癖を見直す必要もあります。

歯を失う

虫歯や事故で歯を失ってしまってそのまま放置をしている場合、周囲の歯が移動したり傾いたりして噛み合わせが悪くなる原因に。入れ歯・ブリッジ・インプラントなどの処置をする必要があります。

ストレス

普段の生活で緊張状態が続くと、歯を食いしばったり歯ぎしりをしてしまうようになります。このように部分的に歯に強い負担をかけることで、噛み合わせに悪影響を及ぼすことがあります。

噛み合わせの異常に対応する矯正方法

噛み合わせ改善させるためには、次のような矯正方法があります。

ブラケット矯正

ブラケット矯正…重度の歯並びの悪さが原因の場合は、ブラケットを使った歯列矯正を行います。ワイヤーを使って、しっかりと歯を理想の位置へと移動させていきます。

横浜駅周辺の
表側矯正おすすめクリニックを見る

横浜駅周辺の
裏側矯正おすすめクリニックを見る

マウスピース矯正

マウスピース…軽度の歯並びの悪さが原因であれば、定期的に取り替えるマウスピースを用いて歯列矯正を行います。

横浜駅周辺のマウスピース矯正
おすすめクリニックを見る

失った歯を補う

失った歯を補う…歯が抜けて噛み合わせが悪くなってしまった場合には、入れ歯・ブリッジ・インプラントで補ってやることで、それ以上の噛み合わせの悪化や歯列の乱れを防ぐことができます。

顎の治療

顎の治療…顎の位置のズレや顎自体に異常がある場合には、矯正治療と外科手術の両方を行う必要があるケースも。顎変形症と認定された場合には、健康保険の適用となります。

症状の重度によって、適切な矯正方法は変わる!

様々な要因で引き起こる噛み合わせの悪さですが、その理由によって治療方法は変わってきます。しっかりとカウンセリングを受け、自分にあった治療法を提案してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

口コミ評価最高点4.8・最高件数120件!
横浜で評判の矯正歯科3選
をチェック