横浜でおすすめ!矯正歯科クリニックガイド » 矯正治療を受けるべき症状 » 後戻り

後戻り

後戻りとは

せっかく時間とお金をかけて行なった矯正治療後に、歯列が矯正前の位置に戻ってしまうことを「後戻り」と呼びます。

矯正が完了した時点では歯を支える骨が固まっておらず、個人差はありますが多少後戻りをしてしまうものです。

小児矯正の場合は、歯列を整えると同時に顎の骨を理想的なサイズに育てていくので、後戻りしにくいと言われています。

大人になってからの矯正は、小児矯正と比べて後戻りしやすいので、より注意をして経過をチェックしましょう。

後戻りを矯正した方がいい理由

早急に対処しないと大掛かりな矯正に

後戻りをし始めてしまった歯並びは、なるべく早めに歯科医院へ相談に行くことが大切。

初期段階の少しの後戻りであれば、マウスピースで整えることもできますが、矯正前の位置まで戻ってしまったら、再度大幅な歯の移動が必要になってくるかもしれません。

矯正後すぐの歯の状態を覚えておき、定期的に歯の状態をチェックしましょう。

後戻りになる理由

後戻りが起こってしまう原因には、次のようなものが挙げられます。

不十分な保定期間

矯正治療で動かしたばかりの歯は、歯を支える顎の骨が固まっておらず不安定な状態。矯正前の歯並びに戻ろうとする力が働いてしまうので、「リテーナー」と呼ばれる保定装置を使って歯並びを固定させる必要があります。保定期間は患者の歯の性質や治療内容によって様々なので、自己判断で中断しないようにしましょう。

舌や呼吸の癖

矯正治療でせっかくきれいになった歯並びも、舌の癖をそのままにしてしまうことで後戻りしてしまうことがあります。舌で前歯を押す・上下の前歯の間に舌を挟んでしまう・口呼吸をしがちという方は、癖を直すトレーニングも行いましょう。

矯正技術

矯正医の不注意や不十分な技術により、「歯列不正の原因が残っている」「未完成な状態での矯正の終了」となってしまう場合があります。これらは、治療後に後戻りを起こしてしまう原因ともなります。

後戻りに対応する矯正方法

後戻りを起こさないために装着する保定装置(リテーナー)には、次のようなものがあります。

床タイプ

歯の周りをワイヤーで取り囲むことで、歯を移動させない装置。比較的取り外しが簡単ですが、口を開けると目立つので見た目が気になる方には不向きです。金属のワイヤーではなく、透明なプラスチックや白いファイバー製の素材で歯を囲むタイプもあります。

マウスピースタイプ

取り外し可能な透明のマウスピースタイプは、強度はあまりありませんが目立ちにくいというメリットがあります。上下の歯が直接噛み合わないので、噛み合わせの矯正を安定させたいケースには不向きの場合があります。

フィックスタイプ

歯の裏面の凸凹に合わせて、0.5mm以下のオーダーメイドワイヤーを接着して固定します。取り外し不可なので虫歯や歯周炎などのリスクが上がりますが、つけている限りは後戻りせず、目立たないという利点があります。

症状の重度によって、適切な矯正方法は変わる!

矯正後の保定や矯正医のテクニックなど様々な理由で起こってしまう後戻りですが、せっかくきれいになった歯並びは、しっかりとキープしたいものですね。

確かな技術と豊富な経験を持つ専門医に診てもらうことで、確実に矯正治療を完了させましょう。

口コミ評価最高点4.8・最高件数120件!
横浜で評判の矯正歯科3選
をチェック